女性

修理可能な機器について

ハードディスクやパソコン、SSDやメモリーカードなど、一見修理が難しそうな機器も、専門家やメーカー元にデータ復旧の修理をお願いをすれば、買い換えるより安く済むことがあります。中身が無事であれば復旧できるので、是非検討してみてください。
ハードディスク

重要ファイルをレスキュー

データ復旧業者を利用すれば大切なデータを取り戻すことができます。一般的なハードディスク以外にRAIDにも対応可能なので多くの方が利用できるのがメリットです。またセキュリティー管理などもしっかり行っているので安心です。
ハードディスク

どれぐらいの料金か

データを復旧させる場合は、100,000円位のお金がかかることも少なくありません。ただこの場合でも、成功しなければ成功報酬が発生しないため、無料になる可能性もあるでしょう。見てもらうだけならば無料のこともあります。
パソコン

利用の際の注意点

大事なデータを紛失してしまった、パソコンが壊れてしまったという時には取り出せるようにするか、復旧出来るようになるととても助かります。もしもの時には自己解決を目指すのではなく、専門業者に持ち込んだほうがよいでしょう。
PCオンリー私服操作

業者の選び方を理解

データ復旧をしてくれる業者は、実績のあるサービスを選ぶと安心です。また有名企業などの依頼をこなしているサービスだと信頼性も上がります。復旧リストを提示してくれたり、成果報酬型のサービスだと安心して利用できるでしょう。

押さえておきたいポイント

パソコン修理

業者選びと事後処理はしっかり行おう

データの復旧を希望する際は、業者選びが大切なポイントになります。全てのデータを復旧されられるかどうかは、業者の腕によって変わります。多くの人の手が入り、何度も取り出しを試みれば、それだけ復旧しにくくなるので注意が必要です。最初に依頼する業者こそ、しっかりと実績があり、誠実に対応してくれるところを選びましょう。また、データの復旧を希望するなら、出来るだけ早く業者に依頼することも大切です。データを取り出せなくなってから時間が経つほど、復旧は難しくなります。それに、時間があることで、自力で何とかしようと手を加えることも増えてしまいます。復旧作業を難しくする要因を作ってしまっては意味がありませんので、出来るだけ早く業者に連絡し、指示を仰ぐことが欠かせません。尚、復旧が必要なデータについては、詳細をまとめておくことも大切です。中身がドキュメントだったのか写真だったのかといった点や、データの量、いつ頃まではアクセス出来たのかといった部分を把握しておくと、業者にも説明しやすいですし、戻って来たデータを確認する際にも役立ちます。特に、何度も上書き保存をした文書がある場合には、どのバーションが必要なのかを判断するポイントにもなるので、可能な限り、詳細を書き留めておくようにしましょう。データの復旧は、データが戻って来たら、それで終わりではありません。もう一度、復旧が必要になるといったことも考えられますので、必ず、バックアップをとり、複数の場所で保存しておくことが大切になります。業者に依頼し、返って来たデータを管理する、事後処理の部分までしっかりと行うようにしましょう。